HOME>ホットトピックス>住まい手の意見をしっかり配慮してくれる魅力

終焉という家づくり

これから20年・30年という暮らしが展開される中で、大阪の工務店が人気となるワケは、人生の終焉をどう迎えるのかを一緒になって考えてくれるからです。それは、人の終焉ではなく『家』です。だからこそ、『いい家』を建てるために専門となる工務店を選んでいます。自然素材を使用するにしても、シックハウス症候群の問題だけでなく、自然素材だからこそのデメリットもあるワケです。特に、植物に光や風、水が必要であるように、家にはメンテナンスが必要です。それも適材適所、外壁塗装するなら同時に屋根塗装も必要、次の年度にはベランダ防水をするかもしれません。住むだけでは家は朽ち果てますから、終焉というタイミングを自分たちの人生80年に合わせてくれる携わりが期待されています。

府民性を熟知

大阪で戸建て住宅づくりの実績豊富となる工務店が人気なワケは、住まい手たちのメッセージを読み取って(汲み取る)くれるからだといいます。例えば、父の一言から二世帯住宅づくりを始める子どももいるはずで、しかも、薪ストーブのある二世帯住宅が欲しいという、憧れだけを口走るのは府民性もあるのではないでしょうか。建てるならば100%納得できる家づくりを希望するケースもあります。おおざっぱに、大きなくくりだけ、そうしたリクエストとは言い難いメッセージだけで建てたい住まい手もいるのです。府民性を知り尽くしているのも工務店ですから、人気とならない理由も見つからないのではないでしょうか。

広告募集中